屋形船を楽しむ

屋形船の予約方法

屋形船の予約方法

屋形船の予約方法屋形船と言えば時代劇などのワンシーンで登場するのを見かけたりします。そこで悪役二人が酒を酌み交わしたり、ひそひそ話したり、また色っぽいものなどまで色々なものがありますが、現代の屋形船は大型で数十人から百名ほどまでが乗船し、いくつものグループが宴会をしたりもします。実際、江戸時代にもそういった大型船を使ったこともあったそうですが、現代ではエアコンが付いていたり、カラオケが付いていたり、掘りごたつになっているなど快適な環境で屋形船を楽しむことが出来ます。

春には川沿いのお花見、夏には夜空に打ちあがる花火、そして冬には忘年会や新年会など色々楽しめますが、予約方法はどうなっているのでしょうか。屋形船を運営している所はいくつもあり、それぞれ少しずつ異なるのですが、インターネットや電話、FAXなどで受け付けていることが多いようです。利用したい日に人数分の空きがあり、最低申込人数を上回ったら連絡が来て、予約が成立となります。大型船を使っているため人数が少ないと採算が合わないのでそういった方法にしているのでしょう。

花火大会の時の屋形船の予約は早めに行いましょう

花火大会の時の屋形船の予約は早めに行いましょう屋形船の船内がどのようになっているのかご存知でしょうか。船内は畳敷きになっているお座敷形式、窓には障子戸が付いていますが、障子戸を開ければ窓ガラスがあり、窓を開けることで海風を船内に取り入れることも可能です。夏場は冷房、冬場は暖房と言った具合に、船内で快適に過ごすことが出来る設備も設けられています。夏場の屋形船には海風も醍醐味の一つではありますが、夏の風物詩でもある花火もお勧めです。

特に、花火大会の時には東京周辺エリアの船宿が乗合船や貸切船を数多く出ており、花火を近くで見ることが出来る醍醐味を持ちます。近くで見ればその迫力は大きなものとなりますし、花火が打ちあがると同時に、海の上にも花火の影が映るなど、屋形船を利用した人だけの特権とも言えましょう。尚、花火大会の時には多くの人々が予約を入れるなどからも、あまりまじかで予約をすると、既に満席の可能性も高くなるなど、早めに行動することがお勧めです。